読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もめんの格闘日記

主にPowerPointを中心としたPCのTips的なものを書いていく予定です。

【PowerPointマクロ】選択したJPEGファイルをスライドの中心に貼るマクロ

今回はFileDialogを使って選択したJPEGファイルを貼るマクロについて書きます。

マクロの動作としてはスライドを追加して、そこに画像を張り付けます。複数の画像を選択した場合は、1スライドに付き1枚画像を貼ります。

PowerPointに元々ある機能の"挿入"タブ→"図"と似てますが、図形のサイズ指定ができるので、同じような画像を連続して貼る場合は便利かも。

初期フォルダにマイドキュメントを表示されているのですが、下記サイトさんを参考にさせて頂きました。

Office TANAKA - Excel VBA Tips[特殊フォルダを取得する]

では、コードです(PowerPoint2010で動作確認してます)。

 

VBAコード

Sub sample()

    Dim i As Long, SldIndex As Long
    Dim MasterH As Single, MasterW As Single
    Dim Path As String, WSH As Variant
    
    '表示される初期フォルダをマイドキュメントにする準備
    Set WSH = CreateObject("WScript.Shell")
    Path = WSH.SpecialFolders("MyDocuments") & "\"
    
    'スライドの幅、高さを取得
    With ActivePresentation.SlideMaster
      MasterH = .Height
      MasterW = .Width
    End With
    
    '選択されているスライドのインデックスを取得
    SldIndex = ActiveWindow.Selection.SlideRange.SlideIndex
    
    With Application.FileDialog(msoFileDialogFilePicker)
      .InitialFileName = Path  '初期表示フォルダの設定
      .Filters.Add "JPEG Image", "*.jpg; *.jpeg"  '表示されるファイル形式を指定
      
      If (.Show = True) Then  '開くボタンが押されたら以下を実行
        For i = 1 To .SelectedItems.Count
          'スライドを追加
          With ActivePresentation.Slides.Add(SldIndex + i, ppLayoutBlank)
            .Select
          End With
          
          '選択したファイルを張り付ける
          With ActiveWindow.Selection.SlideRange.Shapes.AddPicture(.SelectedItems(i), msoFalse, msoTrue, 10, 10)
            '.Width =
            '.Height =
            .Left = (MasterW - .Width) / 2  '横位置の中心に設定
            .Top = (MasterH - .Height) / 2  '縦位置の中心に設定
          End With
        Next i
      End If
      .Filters.Clear
    End With
    
    Set WSH = Nothing
End Sub

 

コードの説明

FileDialogを使ってファイル選択ダイアログを表示させて、選択した画像を追加したスライドに貼ります。

複数画像の場合は、スライドの追加→貼り付けを繰り返します。

Pathにマイドキュメントのパスを入れ、.InitialFileNameに設定することで、初期表示フォルダをマイドキュメントにしています。

 

最初の方にスライドの幅と高さを取得し、張り付けた画像の大きさから真ん中の位置を算出します。

一見回りくどいように見えますが、画像を選択せずに中心位置に持ってこれるので、慣れれば便利だと思います。

 

.Filters.Add "JPEG Image", "*.jpg; *.jpeg" はダイアログの中で表示させるファイル形式を設定しており、*.tif;みたいに足すことができます。

 

複数の画像を張り付けれるようにFor文を作り、その中でスライド追加→画像貼り付け

を繰り返します。

 

上記コードではコメントアウトしていますが、.Width =や.Height =で貼り付けた画像の大きさを設定することもできます。

 

 

今回はこんな感じです。

まじめに作ってみたのですが、標準の機能に毛が生えた程度のものになってしまいました。

このままでは使いにくいので、目的に応じてカスタマイズを。。。

 

FileDialogは名前を付けて保存ダイアログからファイルの保存もできるので、興味があればこちらも覗いてみて下さい。

【PowerPointマクロ】名前を付けて保存するダイアログを開く